在留資格「定住者」

ざいりゅうしかく「ていじゅうしゃ」

 

在留資格「定住者」(Long-Term Resident)とは、入管法に定められている27種類の在留資格のひとつです。

 

法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者がこれに該当します。

 

なお、外国人の方が日本へ上陸する際に「定住者」の在留資格を与えることができるのは、いわゆる「定住者告示」に該当する場合に限られています。

 

○定住者告示に該当する場合の例

  • 第三国定住難民(タイに逃れたミャンマー難民)  
  • 日系2世(1世が国籍離脱後の実子)および3世
  • 「日本人の配偶者等」の在留資格を有する日系2世の配偶者
  • 日本人、永住者、定住者、特別永住者の扶養を受ける未成年で未婚の実子
  • 日本人、永住者、定住者、特別永住者の扶養を受ける6歳未満の養子
  • 中国残留邦人及びその親族

それ以外の場合、たとえば「日本人の配偶者等」の在留資格を有する方が、日本人の配偶者と離婚後も日本に在留したい場合には、在留資格変更の手続により、「定住者」の在留資格を与えられることがあります。

 

この在留資格をお持ちの方の場合、日本での就労活動に制限はありません。

在留期間は3年または1年です。

 

サイト内検索

Loading

サイト運営者

下川原行政書士事務所

〒252-0001

神奈川県座間市相模が丘

1丁目36番55号

クリオ小田急相模原弐番館

109号室

TEL: 046-298-5350
FAX: 046-298-5360

 

>>下川原行政書士事務所ウェブサイトはこちら

 

 

業務対応エリア

神奈川県(座間市・相模原市・大和市・綾瀬市・海老名市・厚木市・藤沢市・横浜市(瀬谷区・旭区・保土ヶ谷区・西区・中区・泉区・緑区・青葉区など)・川崎市(麻生区・多摩区・宮前区など)・寒川町・平塚市・伊勢原市・愛川町・清川村など)、東京都(町田市・多摩市・稲城市・狛江市・八王子市・世田谷区・新宿区など)

その他場合によっては上記以外の地域でも対応可能です。ご相談ください。

 

自動翻訳機能ですので、翻訳が不十分な場合もあります。あらかじめご了承ください。